欧米のユニークな医療機器をご紹介する名優です

採用情報(企画営業部員)

【名優の一員として期待するもの】

皆さんにとって、仕事とは何でしょうか?
私たちは、自分たちに関わる人々に安心や喜びを届け、なおかつ収益をあげることが、仕事であると考えます。
医療者や、患者さん方に尽くし満足していただくことはもっとも大切ですが、その一方で、法人として収益を上げ、社員が生活するに足る収入を確保し、しかも十分な利潤を得て、納税し、国家にも貢献する責務があります。

限られた人生で、仕事が占める割合は決して少なくありません。だから、仕事にも生きがいや価値を見出したいものです。最初は、指示や命令を忠実に迅速に実行する器量が大切ですが、いずれ、自分から積極的に行動できる人こそが名優を楽しめると思います。

仕事を楽しめるようになるには、余裕が必要です。余裕は与えられるものではなく、創り出すべきものです。余裕を創り出すには、各自の力量の向上が必須です。そのために、タイプのスピード、TOEICの成績、責任技術者、滅菌技師の資格の有無などの資格制度を設け、毎月手当を支給し、実力を培うことを奨励しています。

給与改定は年2回あります。各自の実績をもとにする考課査定は、できる限りその根拠がわかりやすい内容にしてあります。同期入社、同年齢であっても、実力・経験・勤務年数により、大きな開きが出ることがあります。仕事を通じより大きく社会貢献した方が、より多く報われるのが基本です。

入社直後から即戦力となり、八面六臂の活躍ができる方は、相応の給与が初めから支給される場合もありますし、実力を発揮するには、時間が必要な方には、OJTを主とする訓練をしつつ、働きぶりを確認した後、半年後の給与改定で、昇給する場合もあります。

【職場風景】

01. 一つの企画を終えた後は、成功を祝して、イタリアレストランで食事をすることもあります。(千葉)
02. 試作品の機能を確認するため、手術室で手術の立ち会いをすることもあります。
03. 新しい滅菌保証技術導入のために、中央材料室で試験を実施することもあります。
04. 取引先の友人とカラオケに行くこともあります。(SanDiego)
05. 海外の学会は、10数年来の友人と旧交を温めるよい機会でもあります。(米国耳鼻咽喉科学会)
06. 日本聴覚医学会では、オリジナル耳栓「インスタモールド」が大好評でした。(横浜)
07. 毎年で開催される世界最大の医療機器展MEDICAでは、取引先のブースに立ちお手伝いをすることもあります。(Dusseldorf)
08. 展示終了後は、各国から集まった取引先の友人と食事をしながら歓談をすることもあります。(Dusseldorf)
09. 表彰式の後の昼食会。(千葉)
10. 中央材料室の研究会では、参加者が殺到してもみ合い状態となることもあります。(東京)
11. AORN(アメリカの手術室で働く看護師の学会)には、毎年参加してます。CASE MEDICAL社は主要取引先のひとつです。(Denver)

【企画営業部員】

学会誌や関連する文献を読み理解することが必要です。現在、医学知識を有している必要はありませんが、日々努力して習得してゆく能力は必須です。時には、専門分野においては、医師以上の知識が要求される場面もあります。
英語の読み書きができることが求められます。資料、データ、メールは英文のままで供されるため、仕事の指示、論議もそれらが理解されていることが前提になります。英語しか話せない方の同席がない限り、社内では日本語を用いてます。
日本各地で開催される、一連の学会活動のなかで、必然的に出張が出てきます。
枕が変わっても充分な睡眠が取れる方、地方の名産を美味しくいただける方は、いっそう仕事が楽しめます。

応募ご希望の方はこちらよりお願いいたします。

リクナビ