gke コンパクトPCD

gke コンパクトPCD

BD
211_800x816

本体リユースタイプのコンパクトPCDProcess Challenge Device:工程試験用具)です。
外筒にはサーモプラスチック・内管にはステンレスを使用し、耐久性に優れているため、特別なメンテナンスなく長期間お使いいただけます。
サイズは長さ約18cm×直径約3.5cmとコンパクトなので、設置スペースの確保が容易です。
インジケータは裏面がシールになっていて記録しやすく、本体へのセットも簡単です。
滅菌器内のもっとも滅菌しにくい場所に設置して使用します。

始業時に高圧蒸気滅菌器の空気除去が適正かどうかを確認するBDテスト用と、滅菌が困難な内腔器材(ホロー器材)内部レベルでの滅菌条件達成を確認するBMS用がございます。


ボウィー・ディックテスト用コンパクトPCD

ボウィー・ディックテスト(BDテスト)は、高圧蒸気滅菌器の空気排除および蒸気浸透の適格性を始業時に確認するための試験で、化学的インジケータの国際規格ISO11140-1タイプ2に分類されます。
1960 年台にボウィー先生とディック先生が考案したこのテストは、毎朝行う決まりになっています。

ライトブルーはISO11140-5米国規格(4kgコットンテストパック)に、パープルはより厳密な欧州規格 EN ISO11140-4(7kgコットンテストパック)に適合しています。
bd

バッチ・モニタリング用コンパクトPCD

滅菌が困難な内腔器材(ホロー器材)内部レベルでの滅菌条件達成を、滅菌直後に確認できます。
高圧蒸気滅菌の場合は、滅菌剤を作る適切な蒸気が器材の隅々まで行き渡っていることを検証します。
検証法は、現在医療で使用されているどの医療器材よりも滅菌が難しいこのコンパクトPCD を他の医療器材と一緒に滅菌器に入れて処理し、その結果をもって他の医療器材の安全性を確認するというものです。
滅菌器内の蒸気浸透は、滅菌器のコンディション・蒸気の質・滅菌物の積載量などの影響を受け、滅菌する度に変化します。
その変化による滅菌不良の可能性を検知するためには、滅菌毎に確認をするバッチ・モニタリング・システム(BMS)が必要です。
変化の影響を特に受けて滅菌不良となるリスクの高い、内腔器材や複雑な器材のもっとも蒸気浸透が難しい内部レベルにおけるバッチ・モニタリングを実現します。

グリーンは、コンテナや不織布による一般的な包装物、鋼製小物などの一般的な器材の滅菌条件達成のモニタリングに適しています。
オレンジは、欧州規格EN867-5” Hollow load PCD” に適合し、内腔器材などの複雑な器材を含む、様々な器材の内部レベルでの滅菌条件達成のモニタリングに適しています。
bms

2019 株式会社名優